FC2ブログ

スポンサーサイト

--. --. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富田 珠里 - SHURI TOMITA - ピアノ

18. 12. 2010
Shuri Tomita1980年香川県高松市出身。
3歳からピアノを始める。
桐朋女子高等学校音楽科卒業後、国内で研鑽を積み、2003年4月より渡独。ドイツ・エッセン芸術大学を最優秀の成績で卒業後、同大学にて講師を務める。2012年ケルン音楽大学大学院を修了。

全日本学生音楽コンクール入賞
フォルクヴァンクプライズ2007特別賞
大阪国際音楽コンクール第二位
アーヘン室内楽コンクール第一位
高松国際ピアノコンクールセミファイナリスト
ドビュッシー国際コンクール第一位など、多くのコンクールにおいて受賞。

神戸、高松、ドイツにてソロリサイタルを開催。
瀬戸フィルハーモニー交響楽団とシューマンのピアノ協奏曲を、ニューヨークシンフォニックアンサンブルと、ショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲第一番を共演、好評を博す。

ロストロポーヴィッチチェロコンクール(パリ)、ハイリゲンベルク夏期国際音楽アカデミー、ブルガリア・プリモルスコヴァイオリン講習会公式伴奏他、デュイスブルク・フィルハーモニー内のピアニストとして定期的に演奏する。

これまでにピアノを、村尾アサ子、古藤幹子、井上直幸、玉置善己、佐藤鈴子、大野眞嗣、ディーナ・ヨッフェ、マイケル・ロール、ヴァシリー・ロバノフ、アルヌルフ・フォン・アルニム、アンナ・マリコヴァの各氏に、室内楽をヨンチャン・チョー、アンドレアス・ライナー(ロザムンデ弦楽四重奏団)、ディルク・モンメルツ(フォーレピアノ四重奏団)、ログリット・イシャイ、アントニー・スピリ、御喜美江各氏に師事。
また、パヴェル・ギリロフ、アンジェイ・ヤシンスキ、ドミトリー・バシキロフ、ピョートル・パレチニ各氏のマスターコースを受講。

現在は、ピアニストとして,ドイツ,日本を中心に活躍する傍ら、
ケルン音楽大学にて講師を務める。
大野ピアノメソッド・デュッセルドルフ校講師
日本帰国時に各地音楽教室での特別講師を務めるなど、積極的に後進の指導にあたる。

ソリストとして、また室内楽奏者、コンクールや演奏会の伴奏者として、ジャンルを問わず、国内外で演奏活動をおこなっている。

*富田珠里公式ホームページ: http://shuritomita.net/




久保 綾香 - AYAKA KUBO - ピアノ・ソルフェージュ


Ayaka Kubo
1997 ヤマハJOCインターナショナルコンサート・ユニセフチャリティーコンサート出演。
オーチャードホールなどで演奏する。TV番組「オリジナルコンサート」出演。CDに収録される。
2003 第19回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国本選出場。
2005 第21回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国本選出場。
2008 モーツァルテウム音楽院夏期国際アカデミーにてアルニム教授の推薦によりアカデミーコンサートに出演。
2009 学内オーディションにより、第23回京都市立芸術大学音楽学部ピアノ・フェスティバル出演。第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
2010 母校である室蘭栄高等学校吹奏楽団第41回定期演奏会にてラプソディー・イン・ブルーのソリストとして同楽団と共演。
2011 京都にてジョイントリサイタルに出演。
    京都市立芸術大学にて試験成績優秀者が出演する学内リサイタルに出演。
    室蘭市にてソロ・リサイタル開催。
    第14回長江杯国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第2位。
    第12回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-Uエスポアール賞受賞。
2012 京都市立芸術大学卒業。中学校・高等学校教員(音楽)免許取得。若き音楽家たちの飛翔コンサート出演(大阪)。5月に渡独。
2013 デュッセルドルフ音大ゲオルク・フリードリッヒ・シェンク教授の推薦により、学内ピアノマスタークラス受講、歌曲伴奏(4月)、室内楽プロジェクト、現代音楽ピアノ曲初演(6月)、公開セミナーおよびその一環としてソロリサイタル開催。10月より同大学音楽院在学。

これまでに、二ッ森智恵子、三角祥子、北島公彦、神野明、アルヌルフ・フォン・アルニム('08モーツァルテウム音楽院夏期国際アカデミーにて)、ガイヤー・ヘニング・ブローテン・、ギリアド・ミショリー、パトリック・シグマノフスキー、林直美各氏、京都芸大内にてマルクス・グロー氏の特別レッスンを受講。
作曲を小島佳男氏、土田英介氏に、声楽を立野了子氏に師事。
京都市立芸術大学にて、ピアノを上野真氏に、ピアノ重奏を岡部悦子氏に、チェンバロを春山操氏に、声楽を福原寿美枝氏に師事。




佳余・ダラーティ - KAYO DALATI - 声楽


Kayo Dalati
国立音楽大学声楽科を経て同大学院オペラ科を首席修了、同時に大学院最優秀賞研究奨学金を受賞。
在学中、最年少にて第32回日伊声楽コンコルソ1位、多摩フレッシュコンクール1位など国内のコンクールで優勝。
同年より、リクルートオペラスカラシップ賞を3年連続受賞し、ミラノ、ドイツに留学。
翌年、新国立劇場「リゴレット」のマッダレーナでデビュー。以後、「蝶々夫人」「カルメン」「花言葉」「ガラコンサート」など同劇場でソリストとして活躍。宗教曲からオペラまで数多くの演奏会に出演。
またマレーバプラハ音楽祭、京都国際音楽祭などを初めとした音楽祭に日本代表として出演し、日本はもとより、アメリカ(カーネギーホール)、チェコ(スメタナホール)、イタリア、ドイツなど、劇場を中心にプラハ交響楽団、ブルーノ交響楽団、NHK交響楽団、東京フィルハーモニーなど国内外のオーケストラと多数共演している。
コントラルトとしての類い稀なる低音と、3オクターブを超える広い音域で宗教曲ソリストとしても数多くの指揮者より指名を受け幅広い公演を行っている。
これまでにN・トゥトゥザムス、M・カゾーニ、L・ゴルラ、S・シマック、田島好一の各師に師事。




白尾 佳奈 - KANA SHIRAO - チェロ


Kana Shirao
1984年東京都出身。桐朋女子高等学校音楽科卒業後、桐朋音楽学園大学ディプロマコースで学ぶ。松波恵子に師事。
札幌ジュニアチェロコンクール優秀賞、大阪ジュニアチェロコンクール金賞、コンセールマロニエコンクール入選、Sparkasse室内楽コンクール(ドイツ)にて2つの室内楽グループにおいてそれぞれ一位入賞等、多数のコンクールにおいて受賞。

2011年ケルン音楽大学を首席で卒業。ハンス・クリスティアン、シュバイカーに師事。2014年春よりデトモルト音楽大学ソリストコースに在学、アレクサンダー・ゲバート師事。その他、ソリストとしての演奏活動の傍ら、室内楽奏者、オーケストラ奏者として、様々なコンサートやプロジェクトに出演し、積極的に活動をおこなう。




森 紀明 - NORIAKI MORI - サックス&フルート


Noriaki Mori
千葉県出身。昭和音楽大学にてクラシカル・サクソフォンを武藤賢一郎氏に師事。卒業後、奨学金を得て渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に留学。George Garzone, Joe Lovano, Hal Crook, Ed Tomassi, Terri Lyne Carrington各氏らにジャズ・サクソフォン、即興、作曲、編曲などを師事。在学中はGreg Hopkins氏率いるBerklee Concert Jazz Orchestraに参加し、学内外で演奏をする傍ら自作曲も提供、モントリオール国際ジャズフェスティバルを始めとし、北米各地で演奏される。

同校Performance科, Jazz Composition科を卒業後ニューヨークに移り、フリーランスとして活動する傍らBMI Jazz Composers Workshopに参加。Jim McNeely, Mike Abene, Mike Holober各氏の下で研鑽を積む。

その後、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。現在はドイツ、ケルン音楽大学大学院電子音響作曲科に在籍中。BMI Charlie Parker Jazz Composers Competition 2009ファイナリスト。




森 朝 - ASA MORI - アレクサンダーテクニーク


Asa Mori
1981年生まれ。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学にて学び、2002年に渡独。ドイツ国立ケルン音楽大学および大学院を首席で卒業。在学中よりアレクサンダーテクニーク教師養成学校にて研鑽を積み、国内外での音楽家のための講演の他、オランダに於けるアレクサンダーテクニーク教師を対象としたワークショップでの指導やドイツのプロオーケストラ団員のためのレッスンを行う。

日本クラシック音楽コンクール、名古屋国際音楽コンクール、アマデーオ国際ピアノコンクールなどで入賞。2011年、ドイツ国家演奏家資格を取得。また、Rheinland-Pfalz州立音楽財団「Villa Musica」並びに「Yehudi Menuhin Live Music Now」より選抜され、定期的に演奏会に出演。アマデーオ・フェスティヴァル、ルール・ピアノフェスティヴァルなどに出演。クラウス・トゥーネマン、トーマス・デメンガ、クリスチャン・アルテンブルガーなどと共演の他、N響首席奏者による演奏会「藤森亮一と仲間たち」に出演。SWR、WDRなどの放送局で録音。

これまでに ピアノを杉浦日出夫、小森谷泉、パーヴェル・ギリロフの各氏に、アレクサンダーテクニークをフランシス・カルティー、ナデャ・ケヴァン、ロン・マードックの各氏に師事。ヨーロッパで演奏活動を行うと共に、インターナショナル・フランツ・リスト・アカデミーにて、ピアノとアレクサンダーテクニークの講師を務めている。

※森朝公式ホームページ: http://www.asa-mori.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。