FC2ブログ

スポンサーサイト

--. --. --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIMIKO 6 3月16日〈水)13時~

01. 03. 2011
Heinrich-Heine Alleeから地下鉄で一駅、ライン川のほとりにある、素晴らしいコンサートホール『Tonhalle(トンハーレ)』で、ヴィオラ奏者とデュオコンサートをします。

お昼13時からと、お仕事をされている方は、中々難しい時間帯だとは思うのですが、「お昼寝をするよりいいでしょう~?」という、このMIMIKOのうたい文句〈笑)。
MIMIKO=Mittwoch Mittags Konzert (水曜日のお昼のコンサート)
スナック付らしいのですが、どんなスナックなんでしょ。そちらにかなり興味を持ってしまうのですが・・。


MIMIKO 6
2011年3月16日(水)13:00-
Tonhalle/Kammermusiksaal-Hentrich-Saal

ユリ・ボンダレフ - Yuri Bondarev, ヴィオラ Viola
富田 珠里 - Shuri Tomita, ピアノ Klavier


・グリンカ: ヴィオラソナタ   Glinka, Sonate d-Moll
・シューマン: おとぎの絵本 作品 113 Schumann, Maerchenbilder op. 113
・プロコフィエフ(ボリソフスキ編曲): バレエ音楽 ロミオとジュリエットより 作品64 
 Prokofjew, Auszuge aus dem Ballett "Romeo und Julia" op. 64 (Bearbeitung: V. Borisovski)
 ・序奏  Introduction
 ・街の目覚め  The Street awakens
 ・少女ジュリエット  Juliet as a Young Girl
 ・騎士たちの踊り  Dance of the Knight
 ・バルコニーの情景  Balcony Scene
 ・エピローグ ジュリエットの死  Epilogue: Death of Juliet

休憩なしの一時間という短いコンサートです。

共演者である、デュッセルドルフ交響楽団副主席ヴィオラ奏者、ユリ・ボンダレフ氏とは、春から夏にかけて、ドイツ、ベルギー、日本とコンサートの予定が結構入っています。ヴィオラとの共演は、初めてですが、ヴァイオリンやチェロにはない渋い音色が、中々鳥肌ものです。
プログラムは、ロシアの作曲家、グリンカとプロコフィエフに、ドイツの作曲家シューマン。
曲目の詳細は、また後々ゆっくりと。


まだ当日券もあるようですので、どうぞお時間があればお立ち寄り下さい!!


search4-2.gif MIMIKO 6
http://www.tonhalle.de/mimiko_termine

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。